妊娠線 予防する方法

妊娠線ができるメカニズム

赤ちゃんができることは妊婦にとっても家族にとってもこの上ない大きな喜びです。
女性の体は妊娠することで出産に向けて様々な変化が現れます。

 

おなかの中で赤ちゃんがすくすく育つことでお腹がどんどん大きくなっていくことに加え
安心して出産を迎えられるように体に脂肪が付きやすくなり
元気な赤ちゃんを出産するための準備をします。

 

妊娠線というのは大きくなってゆくおなかの部分の皮下組織が皮膚の伸びについていけなくなることで
皮下で断裂した状態になるためにできるものです。

 

通常はお腹の下の部分にできることが多いのですが
おへそを中心にして放射状に細かな妊娠線ができる人もいれば、お腹だけでなくバストや二の腕太ももなどにできる人もいます。

 

妊娠線ができる際に、傷を受けるような痛みを感じることはありませんが
一度できてしまうと年月が経過してゆけばでき始めたころと比べれば色も白っぽくなり目立たなくなるとはいえ
生涯にわたって消えることのない傷跡のようになります。

 

しかも、徐々にできていくのではなく、昨日まで何も見当たらなかったのに突然たくさんの妊娠線が
出てしまうということが少なくありません。

 

出産が近づいてきて急にお腹が大きくなり出すころは要注意です。


妊娠線ができるのを予防する方法

そんな妊娠線は、日頃のケアによってある程度は予防することができます。
最も効果的なのが、妊娠線クリーム 人気を使って行うケアです。

 

妊娠後期になったらお腹周りの皮膚を中心にして専用のクリームを使ってマッサージすることで
肌の血行を良くして肌の保湿も行えるため、妊娠期間中のデリケートな肌を保護する効果もあります。

 

専用のクリームを使ってお腹だけでなく下腹部やバスト
太もも、そして意外に自分では目につきにくいお尻なども出産に向けて脂肪が付きやすくなるので日頃からケアすることが大切になります。

 

おなかの大きさや形が人によって違うように、妊娠線が最後までできない人もいるのですが
早い人だと妊娠4か月頃からでき始まる人もいると言われます。

 

一般的にはつわりがおさまり急激に体重が増えだす6か月頃からでき始まることが多いため
クリームでこまめに保湿するのが効果的です。

 

毎日自分で決めたタイミングで予防クリームを塗ってケアするようにすればより効果が期待できます。
痛みはありませんがお腹がなんとなくかゆいと感じたら要注意です。

 

ただし予防のためにはクリームに頼るだけではなく、体重の増えすぎを自分自身でコントロールすることも大切です。